+アクセスカウンター


相互リンク大募集


寒川音吉です。コメントしていただければお返事いたします
+もくじ+
+数少ない石油原料の合成界面活性剤を使用していないシャンプー
++使用レポート++
←ましなシャンプー

専門書案内
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

商売抜きで真面目に著した本のみ紹介
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
床屋さんが見つけた頭髪力を育てる方法
徳富 知厚著


毛髪革新


育毛物語
双田譲治著


+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 音吉オススメのシャンプーの成分を検証! | main | なぜ、大手メーカーの市販のシャンプーは合成界面活性剤を使用するのか。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
市販シャンプーに含まれる、高刺激の合成界面活性剤の成分
あなたの使用しているシャンプーに以下の危険薬剤が入っているかどうか、チェックしてみましょう。

○ラウリル硫酸トリエタノールアミン
化粧品のpHをコントロ-ルする働きがありまた、脂肪酸と併用し脂肪酸石鹸とし、乳化剤や洗浄剤としても使用される。
皮脂を取り除きすぎるので、乾燥肌になる可能性がある。
皮膚から吸収され、皮膚、粘膜、目を刺激します。また、発ガン性の報告もある。

○ラウリル硫酸ナトリウム
石油精製時にできる廃棄物
分子が小さいために経皮吸収により皮膚から浸透し血流にのり、脳や心臓、腎臓、肺に蓄積されダイレクトに血液内に発ガン物質を送り込む。
傷の治療を遅らせたり、毛髪の発育障害を起こすなどのほか、白内障の原因になったり子供の目に障害をきたす。
優れた洗浄力と泡立ちのよさが特徴で、クレンジングクリームや石鹸、シャンプーやリンスなどに使用される。

○ラウレス硫酸ナトリウム
シャンプー、歯磨き粉、クレーム、ローションなど多くの化粧品に使用される洗浄剤。
脱脂の効果があり、グリース(油)などを除去する性質を持つため、肌や髪を刺激する要因となりかねる。
特に敏感肌の方は注意が必要である。
ひどい場合は、肌の表皮を傷つけ、下の細胞層の炎症へと繋がる可能性もある。

○ラルリル硫酸塩
急性毒性。亜急性毒性のほか胎児毒性や肝臓・腎臓障害を起こす報告もある。特に魚毒性がある。脂肪を除くので皮膚が乾燥して荒れる。
アレルギー性があるため、旧指定成分であった。生分解性はよく、環境には比較的やさしい。
高級アルコール系(陰イオン)

○ラルリル硫酸トリタノール
この合成界面活性剤が入っているシャンプーをつかい、マガキの幼生への魚毒性をテストしたら、わずか1ppmで全滅したという報告がある。皮膚から吸収され、皮膚、粘膜、目を刺激する。発がん性の報告がある。

○エデト酸塩
皮膚や粘膜、目への刺激性、ぜんそく、発疹などアレルギーの原因となる。
口から入ればカルシウム欠乏症を招き、血圧低下、腎臓障害を起こす。
主に洗顔料、石鹸、シャンプー、リンス、毛髪剤等に含まれてる。
変質防止剤、保存剤、金属イオン封鎖剤。
化粧品の水中に含まれる微量金属による品質の劣化を防ぐために使用される。

○オキシベンゾン
少量でも摂取すると、吐き気やむかつきを引き起こす。
皮膚から吸収され急性致死毒性がある。
多量に摂取するとけいれん、ひきつけ、呼吸困難心臓停止の可能性がある主に洗顔料、石鹸、シャンプーに含まれている。

○塩化ステアリルトリメチルアンモニウム
神経系に影響があり、胃のけいれん、嘔吐、発汗。主にシャンプー、リンスに含まれる。
保湿効果、皮膚柔軟化効果、帯電防止効果、乳化安定剤。
シャンプー、リンス、クリームなどに配合され、髪を柔軟にし、帯電を防止する。
○パレス3硫酸ナトリウム
指定成分ではないが洗浄力、刺激力ともに強い洗浄剤。

○N-アルシン-Lグルダミン酸塩
合成界面活性剤。浴用せっけん等に含まれる。毒性の疑いがある。

これらの合成界面活性剤の入ったシャンプーは、かなり高刺激で危険なので、薄毛や敏感肌の方は、検討してみる必要があります。

成分辞典:健サプねっと


音吉オススメ
天然馬油配合シャンプー「セルラ」


このブログの本日の育毛ブログランキングは何位でしょう。

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
| シャンプー成分 | 03:30 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 03:30 | - | - |









http://hage25.jugem.jp/trackback/34
シャンプーの選び方 | 薄毛父さんの育毛講座
シャンプー選びは育毛剤選びよりも重要。シャンプーはその主成分から「高級アルコール系シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」「石けん系シャンプー」の3つ種類に分けることが出来ます。アミノ酸系がおすすめ
| 薄毛父さんの育毛講座 | 2006/10/31 9:41 PM |